top
 
  僕らについて  お知らせ  家具  御注文について  日記 




2007年 1月−3月 4月−6月 7月−9月 10月−12月
2006年 1月−3月 4月−6月 7月−9月 10月−12月
2005年 1月−3月 4月−6月 7月−9月 10月−12月
2004年 1月−3月 4月−6月 7月−9月 10月−12月
2003年 はじめ〜

2010/12/30
「今年のデザイン」


今年に1つは新しいモノか、リ・デザインができたらと考えていたのだが、
全く手をつける事をしなかった。

忙しいというのもあったが、気持ちを落ち着かせる事ができなかった気がする。
もう形になっているモノをより良くリデザインすることや、
カタチにはしていないが絵や頭の中で暖めているモノ・・・
など色々とあるのだが、 取り掛かろうともしなかった。
特別じゃなく普通のモノとして、見れていなかったから。

 

年明けの仕事始めの前に、
ずっとやろうと思っていた1つの椅子のリ・デザインにかかろうと思う。
何かわからないけど、もっと全てのモノと向き合える時がきたように感じるんです。
自分達が考え、自分達が作れるからこそ、
考え、気付くことなんだと思うような気がします。

自分達だけで何かが出来るわけではないが、
周りにお世話になりながら、 足元を掴みながら、普通に歩く。
そんなことを感じています。



2010/12/29
「2010年」

年内のショールームの営業は26日で終わった。
工房の方はというと、31日の作業と掃除で終了。
毎年、年末はバタバタしてしまっている。

今日は、ゆっくりとお昼にricoと散歩。
いつもはサラリーマンがゆっくりとしている公園も今日は静かである。
良い意味で冬を感じる。
こんな日も良いなあ。

 


2010/12/24
「最後の材」

今年最後の材料の搬入。
年明け早々からかかれるように、準備をしておく。
ウォールナット、楢、アッシュ。

良いものが出来るまでには、時間がかかる。
先のことを考えると、今のことをそっちのけになってしまう。(笑)
楽しみなんです。

良くも悪くも考え込んでしまう。
作り方というのに、これという正解はない。
だから、ギリギリまでどの方法が良いのか、
どれが、使う人にとっての正解な方法なのか?
使い方、目的が変われば、全てが変わる。

金太郎飴ではないので、僕達作り手が、そのサジ加減を見極めないと良いものが出来ない。
だから、家具作りは難しい。
年明けの仕事も楽しみである。

 


2010/12/20
「突き板」

楢の突板。
突き板屋さんに、いつもお願いしている。
大体は4oの合板に貼ってきてもらうのだが、
木口や特殊な面などに張る場合は自分で貼るので、
和紙に貼ってもらっている。

突板の仕事の時は、結構楽しみ。
ゴムのりが嫌いなので、極力使わないようにして、
手間はかかるけど、ジュワっとアイロンで色々なとこに貼る。
張った後の感触が良いんです。

 


2010/12/15

「突き板の家具」

ここ最近や年明けの仕事は、突き板の仕事が多い。
大物ばかしで、大変ですが・・・。

突き板と言うと、人によってはよく言わないのですが、
特徴を考えると家具を作るには、すごく良い材料です。
突き板と言うのは、昔から使われていて、北欧の昔のテーブルや箱物はほとんど突き板なのです。
そして、この素材ほど、技術や心が試されるものはないと思う。
本当にシビアな素材だと思う。

僕は0.5o突き板ほどの突き板を使う。
普通は0.2oあるかないかぐらいだから、それよりは少し厚くしている。
鉋が1回か2回多くかけれるぐらいの差なんですが・・・、
気の質感をできる限り残したくて、そうしている。

僕達は突き板も使い続ける。
良い家具を作るためには、必要な素材だと思う。


2010/12/1
「大阪人1月号」

今日発売の「大阪人」1月号。

なんと、うちのricoが雑誌の表紙を飾って頂いてます。
サンプル誌が届いた時に、びっくりした。
嬉しいと同時になんか照れてしまいました。

 

もし見かけたら、みてください。

大阪以外ですと、大きな書店にはあると思います。
少しマニアックな雑誌ですが、
結構、話を深く掘り下げているので面白いです。

僕自身、馴染みの店もあれば、初めて知るお店もあり
楽しんで読まして頂きました。
天満、素敵です。


2010/11/21
「最近‥‥」

ここ最近、この日記はricoとの散歩や風景ばっかしになっていた。

粉塵や埃なんかで壊れたらアカンから、撮ろうと思った時は、
工房の引出しの中にしのばせて置くのだが、
工場で作業をしていると、カメラのことなんて忘れてしまうし、
作業が終わったら終わったで、写真の事なんてお構いなしに、掃除をしてしまう。

 

今年もあと少し、
振り返るには早いのですが、
ちょっと振り返ってみると、
よく考え、よく想い、よく迷った年だと思う。
たぶん、毎年同じような事をしているかもしれない。
だが、こういう事を繰り返しながら、
本当のあり方を見つけ精度を高めていくんだろうなあと想う。
年が経つたび、色々な事がより鮮明に見えてきた。
少しずつ少しずつ、やっていく。

今年はあと少し、ペースをあげんと。
工房が‥‥。

 


2010/11/17
「紅葉」


中ノ島公園、南天満公園の紅葉です。
もみじの木があれば、もっと雰囲気が出たかもしれないけど、
僕の行く公園には、ないんです。
もう少ししたら、葉が落ち、紅葉の絨毯が出来そう。
掃除のおじさんたちが仕事を始める前に行って、写真を撮りに行こうと思う。
寒いけど、この季節の楽しみである。


ほんま、やっと寒くなってきた。
周りでは、僕だけ思うのかもしれませんが良い感じになってきた。
きっと、木工関係の方は喜んでいるはずです。(笑)

工房ではTシャツにフリース、
散歩の時は、寒いけど、まだハーフパンツ。
すれ違う人や知り合いとかに、「えっ、なんで!」て言うような顔をされる。
でも、散歩を始めて1時間くらいしたら汗をかくから、仕方ないんやけどなあ‥‥。
なんか、怪しい目で見られています。(笑)







2010/11/12
「長袖の服」


やっと長袖の服を着ての作業。
昨日まで、半袖のTシャツで作業をしていて、
見ているほうが寒いから、着るようにと注意をうけたので、
今日からフリースを着ます。

着た感想として、暖かい。
こんなん書いたら、長袖の服を始めて買ったみたいですね(笑)。
まあ、汗かき始めたら、すぐにTシャツになってしまうのですが‥‥。



2010/11/4
「ricoのつめ」


ダルメシアンって爪まで白黒なんです。
あと、肉球もなんです。
人もricoと同じ動物なんだけど、
同じ動物ようには思えなかった。
不思議なもんです。

久しぶりの雑誌の取材。
初めての頃からしたら、だいぶ慣れたと思うけど、
まだ、ぎこちないんだろうなあと思う。
伝えたい事を伝えようと言葉を考えて話しているけど、 難しい。
言葉でも、話でも、絵や写真なんかでも、伝えるというの大事だと思う。
大事な分だけ、難しい。



2010/11/3
「冬へ」


だいぶ冬っぽくなってきましたね。
も少し、紅くなってほしいですね。

夜はだいぶ寒くなってきました。
散歩の服装をそろそろ考えないとあかんかなあと思っています。



2010/10/31
「雨の日」

 

今日は予報どおりの雨。
午前中、堺の方へ出かけ、お昼に戻り店準備。

日曜日なので製作はしないので、ほっとする。
雨の日は、何かと木が嫌がる。
微妙な変化を起こすので、あまり触りたくない。
塗装さえも、しない方が思うくらいである。

個人的には案外好きなんです。
雨の音が微妙にリズムを奏でるので、なんか気持ちよくなる。
うちの雨嫌いのricoは憂鬱みたいです。




2010/10/26

木の石ころ」

3回目の納品。
そして、これで最後。

正直ほっとした。
途中どないしようかと思ったほど大変でした。
今まで、コモノを仕事として製作した事がなかったので、
段取りもわからず、それに適した道具類も揃っていないので、右往左往してしまった。
本当に勉強になった。

そして、強く思ったのは家具とコモノは全くの別物なんだなあと。

同じように考えていてはダメだし、
工程、道具類も違うと思う。
あと、目線なんだろうな。

 


2010/10/20
「バンドエイド」R キズパワーパッドTM

   



怪我してすぐは、消毒してガーゼを巻いていた。
まあ、血が良く出ていたから、最初はこれでよかったのだが、
それから仕事をするには、ごつくて支障が出る。

オジョウに、このバンドエイドを教えてもらい使ってみた。
裏のシールをはがすとコットンパットもなく、
傷口に直接張っても良いものなのか、 少し躊躇した。
説明書どおり、はって3日ほど何もせずにほっておく。

正直、まだ疑っていたのだが、3日後状態の確認と張替えの為にはずした。
ただ一言「すげ〜」。

普通の傷くらいなら、3日間くらい貼ったままにしてはがすと、普通の傷が治っているようです。
僕の場合は、傷が深いので1回では直りませんでしたが、
だいぶ直っていました。
今までのことを考えると、信じられなかったです。

僕達の仕事は、怪我がつきものです。
このバンドエイドも救急箱に入れておくべきだなあと思います。


2010/10/12
「木のころころ_納品2」

 
 
 


2回目の納品。
来週の週明けに最後の納品。
今回は、鬼胡桃、マホガニー、チェリー、アルダー、タモの5種。
一盛りづつ、写真を撮ってみました。
どれがどの木か分かります?

いつも大きいのばかし作っているから、たぶん段取りが悪い‥‥。
だいぶよくなっているように感じるのだが。



2010/10/10
「怪我」


久しぶりにやってしまった。
まあ、病院にいくほどじゃないので、消毒してガーゼを巻くだけど。
刃物に指を1mm.ぐらい分突っ込んでもうた。

4年ぶりぐらいだろうか。
まあ、小さい怪我やから良いんだけど、
やっぱ、怪我はよくないですね。
昔の職人さんは、怪我したら1人前って言うけど‥・。
確かに、怪我して分かる事も多い、けど失うものも多いと思う。
だからやっぱ、そんやと思う。
怪我については、機械や仕事の仕方など色々と考えさせられるものがある。
今すぐ、そこまでの事をきちんとは出来ないけど、できるようなことを考えていきたい。

木工関係の皆さん、安全に作業をしましょう。 



2010/10/2
「木のころころ_納品1」

ころころの納品。
石ころの木を作っている。
結構大変です。

一つ一つ手作業で。
形を一つ一つ変えて。

小さいものは大きなものと違った慣れが必要。
最初そこに戸惑ってしまった。
いつもと違うので、楽しんでしまっている。
オジョウと分担作業。

今回の納品は、ウォールナット、メープル、マホガニー。
なんか、触り心地というか感触がよくて気持ちよい。


2010/10/1
「納品_キャビネット」

 

モアビのキャビネット。
良い感じである。

モアビは、すごく良い良材なんだけど、
作っている最中は、大変な木かな‥‥。
そして、今回は杢や虎腑が良く出ているので、それに輪を掛けて大変やった。
でも、やっぱ綺麗やわ。
他の木にはない雰囲気を持っている。
今より、木工所時代によく使った木である 。

 




メール